0歳児の後追いは心の発達を促すモンテッソーリ教具で解決!

こんにちは、モンテッソーリ教師で子育て中のdemiです◡̈

生後6ヶ月ごろから、赤ちゃんの後追いに悩まされるお母さん、多いですよね。

  • トイレに行けない
  • 家事が終わらない

声をかけたり、好きなおもちゃを渡したりしても泣き止まない。
毎回大泣きされると、自分も疲れる。
毎日のことなので、切実なんですよね。

この後追い、赤ちゃんの心の発達を助けてあげると随分軽減されました。

今回は心の発達を助け、後追い軽減へ導くモンテッソーリのお仕事教具をご紹介します☺︎

後追いの原因

後追いの原因としては、目の前に見えないものを「存在しなくなった」と思っている赤ちゃんの認知があります。

いつもお世話をしてくれる大好きなお母さんやお父さんが、突然見えなくなって「消えた!」と思ってしまうんですね。

確かに、大切な人が急に音信不通になったら、大人も動揺してしまいます。

でも、これは日常の話なので、「目の前になくても存在する」ということを赤ちゃんに学んでもらえば良いのです☺︎

対象恒常性を学ぼう

「目の前になくても『ある』と理解できる心」のことを対象恒常性といいます。
この心の働きが未熟なため、赤ちゃんは後追いで大泣きするわけです。

逆に、この対象恒常性を生かした遊びが「いないいないばあ」です。
はじめは「消えたと思ったのに、出てきてびっくり!嬉しい!」と思ってニコニコ。
だんだん対象恒常性を学ぶと「やっぱり出てきた!」と喜ぶわけなのです☺︎

オススメおもちゃ

この対象恒常性を学べるのが、今回オススメのモンテッソーリ教具。
「ボールを穴に入れると、見えなくなってから現れる」
シンプルですが、赤ちゃんの夢中になる姿がかわいいですよ☺︎

トレイ付き玉入れ

「上の穴にボールを入れると、一度消えて、下から出てくる」というとてもシンプルなトレイ付き玉入れ。

たくさんのお子さんが何度も何度も繰り返します。
魔のおもちゃです。

ハンマートイでも代用OK

ハンマーでボールを落とす、このおもちゃも同じ効果が得られます。
ただ、ハンマーを使えるようになるのには時間がかかるので、難しい間は指先で押して見せてあげると良いです。

いろいろなものを叩きたくてたまらない時期にも、またブームが来ますよ^^

遊び方のコツ

はじめは遊び方を見せてあげます。

見せてあげると毎回釘付け!

見せ方のコツ
  • 動作は8倍ゆっくり
  • 声は出さない

動作をゆっくりすると、大人も動きに集中して、空気感がピンとする気がします。
声を出さないことで、余分な情報もカットされます。

物を離す手の動きができる生後8〜9ヶ月頃には、自分で真似してボールを穴に入れて遊ぶことができます。

おしまいに

このモンテッソーリ教具でよく遊ぶようになってから、

後追いが本当にマシになりました!!!

毎回私がトイレに行くと大泣きだったのですが、最近は後を追っても廊下のベビーゲートの前で待っていたり、もはや気にしていなかったり(笑)

顔を壁からひょこひょこ出して、待っていたりします。
かわいい♡

少しずつ、対象恒常性が身についてきたのでしょうか。

嬉しいような、ちょっと寂しいような、親心。

ぜひお試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

モンテッソーリ教師で子育て中のdemiです◡̈ 幼児期から自立した子が育つ子育ての工夫を発信しています。 普段は0〜3歳のモンテッソーリ幼児教室を運営し、2歳の男の子を子育て中。 息子は1歳半からモンテッソーリ園にお世話になっています。 このサイトは子育ての悩みにモンテッソーリ博士からアドバイスをもらう形で進みます。 モンテッソーリ教育が初めての方でも大丈夫! 一緒に実践して、子育て上手を目指しましょう! 【経歴】同志社大学文学部・ドイツ留学→教育企業→保育士資格とモンテッソーリ資格を取得→現場経験→モンテッソーリ幼児教室