【モンテッソーリ教育】赤ちゃんが安心して育つ!子どもスペースのつくり方

こんにちは、子育て中のモンテッソーリ教師demiです◡̈

生後数ヶ月は赤ちゃんとお家で過ごす時間が長いですよね。
子どもの環境設定のコツを知らないと、大人目線での快適さだけを求めがちです。

モンテッソーリ教育では生後すぐでも「子どものための環境」を重要視します。

それは赤ちゃんにこの世界に安心感を持ってもらうためでもあり、その子自身の発達を妨げないようにするためでもあります。

ポイントを押さえて、ぜひご自宅でも実践してみてください!

今日のテーマは赤ちゃん期のおうちの中の環境設定についてです!

赤ちゃんのための4つのコーナー

まず、はじめに赤ちゃんを迎えるために、4つのコーナーを作ります。

赤ちゃんがその場所にいったら何が起きるのかわかるという安心感をつくるためです。

言葉も分からず、視力もあまりない赤ちゃん。
お世話をされる立場に立てば、匂いや体に当たるものの感触で

「ここに来ればおむつを変えてもらえる」
「ここに来ればミルクをもらえる」

一貫性があると、次に何が起きるのか予測の助けになって安心ですよね。

ぜひ、妊娠中に部屋を整理して、どこで何をするのかシュミレーションし、ベビーベットなど赤ちゃんのものを含めた家具の配置を考えられると良いですね。

4つのコーナーについての詳細はこちら↓

モンテッソーリ教育で赤ちゃんのための4つの場所づくり

理論編:一番美しいものを子どもたちへ

最初の3年間、子どもたちは環境からすべてをスポンジのように吸収します。

これをモンテッソーリ教育では「吸収する精神」(Absorbed Mind)と呼びます。

脳科学でも、持って生まれてきた大量の脳神経を、環境に合わせるように取捨選択し、量を減らして(刈り込む)配線される時期だと言われています。

この時期に子どもたちが何を見るか、何に囲まれているかがその子の感性の土台となります。
子どもの興味をひき、それを満たし、持続させるためには、環境、本、おもちゃの品質や美しさはとても重要な要素です。

子どもじみたもので溢れた部屋ではなく、美しい木や絹でできた天然素材のおもちゃ、美しい絵やポスターなど、大人にとっても居心地がよく、「きれいだな」と思える部屋作りをしていきたいですね。

実践編:ねんね期のプレイスペース

生後3ヶ月間の息子のプレイスペースはこちらです。

f:id:demichannel:20180304225751j:plain
  • 絹糸でできたゴッビ・モビールを上に吊るす
  • 木のラトル(にぎにぎ)をいつでも持てるところに置く
  • 鏡で自分の姿を見れるようにする

最近は鏡を見て「あーうー」と言いながらおしゃべりしたりして遊んでいます。
話し相手ができて楽しそうです(笑)
鏡は次第に自分の手や姿を発見し、認識するのを助けてくれます。
ぜひお試しください⭐︎

0〜3ヶ月のモビールまとめ

モビールはインテリアではなく、赤ちゃんの視力の発達を促すためのものです。
赤ちゃんの成長に合わせて、月齢を目安に変えてあげてくださいね。

  • 生後0~1ヶ月:ムナリモビール

【生後0ヶ月】【モンテッソーリモビール】白黒オシャレなムナリ・モビール◉◎

  • 生後2ヶ月:ダンサーモビール

【生後2ヶ月】【モンテッソーリモビール】ダンサーモビール🕺💃

  • 生後3ヶ月:ゴビ・モビール

【生後3ヶ月】【モンテッソーリモビール】ゴビ・モビールの作り方

【生後3ヶ月】【モンテッソーリモビール】ゴビ・モビールって何?

  • 生後4ヶ月〜:ひっぱれるモビール

【生後4ヶ月】【モンテッソーリモビール】キッキングボールのひっぱれるモビールでいっぱい動こう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

モンテッソーリ教師で子育て中のdemiです◡̈ 幼児期から自立した子が育つ子育ての工夫を発信しています。 普段は0〜3歳のモンテッソーリ幼児教室を運営し、2歳の男の子を子育て中。 息子は1歳半からモンテッソーリ園にお世話になっています。 このサイトは子育ての悩みにモンテッソーリ博士からアドバイスをもらう形で進みます。 モンテッソーリ教育が初めての方でも大丈夫! 一緒に実践して、子育て上手を目指しましょう! 【経歴】同志社大学文学部・ドイツ留学→教育企業→保育士資格とモンテッソーリ資格を取得→現場経験→モンテッソーリ幼児教室