【無料DL】五感で楽しむ!モンテッソーリな数あそび

3歳ごろになると、子どもたちは数に興味を持ち始めますよね。

街の中にある数字を指さしたり、数字を数えられるようになったり。

子どもともっと楽しく数で遊ぶ方法はないかな?
「お勉強」みたいになるのも嫌だな〜

と思っている方におすすめの情報をまとめました!

実は、「感覚」と組み合わせて数の活動すると、バリエーション豊富に、子どもも思いっきり楽しめます。

なぜなら、子どもたちは感覚の敏感期

感覚器官に対する刺激を受けて、感覚を洗練させていく時期でもあるのです。

こども代表
見たい!触りたい!聞きたい!臭い嗅ぎたいし!食べてみたい!
demi
確かに!「子どもって何でもやりたがりだな〜」とだけ思っていたけど、感覚への刺激が好きで必要な時期だからだったんだ!

この記事を読み終えると、数字が楽しい時期のお子さんと、思いっきり楽しみながら数を学べる活動がわかります。

モンテッソーリ教具がなくてもできる活動を紹介しています。

無料ダウンロード素材もあるので、ぜひ使ってみてくださいね!

幼児期の学びは五感が大切

幼児期の学びには五感が大切です。

なぜなら、子どもたちは感覚の敏感期にいるから。

私たちの全ての情報の入り口は「見る・聞く・嗅ぐ・触る・味わう」の五つの感覚です。

だからこそ、生まれて数年間はその感覚が敏感で、日々洗練するために「たくさんの経験を積みたい!」と欲しています。

demi
幼児って何でもやりたがるのが不思議だったけど、感覚の敏感期だったんだ!
上手くできてるんだね。

というわけで、幼児期の学びは特に五感を刺激しながらできる活動にすると、とても楽しめます^^

小麦粉で数字探し(触覚)

手の触覚と数字を組み合わせてできるのが、数字探し!

用意するもの

  • 数字を書いた紙(無料ダウンロードはこちら▽)
    数字探し
  • 小麦粉
  • バットやトレイ

遊び方

数字を書いた紙に小麦粉を振りかけて数字を覆います。

触りながら数を見つけたり、小さい数から探したりして遊べます。

数詞とドットの色合わせ(視覚)

ドットの数量に合わせて、数詞をクリップでとめる活動。

ドットと数詞の色を合わせているので、視覚的に間違っているかを子ども自身が確認できます。

demi
データを作ってみたので、どんどん使ってください♡

用意するもの

  • A4でこの用紙をダウンロード&印刷
数詞とドットの色合わせ

 

  • 100均にある木製クリップ(小さいほどつまむのが難しい)
  • 両面テープ
  • はさみ
  • ラミネーターもしくは厚紙

作り方

  1. データをダウンロードしてA4用紙に印刷
    数詞とドットの色合わせ
  2. パーツを切り取る
  3. ラミネートするか厚紙に貼って丈夫にする
  4. 木製クリップに両面テープで数字を貼って完成!

遊び方

ドットの数を数えて、その数量の数詞をクリップで挟む。

ボタンの数当てゲーム(触覚)

袋の中のボタンを手の触覚で当てる活動。

用意するもの

    • 小さめの袋
  •  ボタン10個
教室では10枚の袋に1~10個までそれぞれボタンを入れていますが、袋もボタンもたくさん必要になります。
家では1つの袋と10個のボタンを用意して、その都度入れ替えてクイズにすれば良いと思います。

遊び方

  1. 袋の中に何個かのボタンを入れます。
  2. 見ないで袋の上から触って何個のボタンが入っているか当てます。
こども
結構むずかしくて面白いよ!

IMG_9812

実物で数える

教具がなくても、公園で石や木の実を数えるのも◎

数詞を数えるだけでなく、数量を体感して「10個は重い!」など感覚を使えるようにすると楽しく本質を学べます。

階段で高さを体感

数字を高さを通じて体感するのも息子は大好き。

マンションの階段を上り下りしながら、「3階の次は2階!」のように数の順序も体感できます。

まとめ

幼児期は五感の刺激がとても楽しく、必要な時期。

数を学ぶときにも感覚刺激組み合わせると、楽しく学べます!

数詞を唱えるだけ、紙に書けるだけ、よりも豊かな体験になるので、ぜひいろいろな方法を探してみてください♪

無料ダウンロード

数字探し
数字探し

数詞とドットの色合わせ
数詞とドットの色合わせ


 



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

montedemi
モンテッソーリ教師で子育て中のdemiです◡̈ 幼児期から自立した子が育つ子育ての工夫を発信しています。 大阪モンテッソーリ幼児教室を運営し、3歳の男の子を子育て中。 息子は1歳半からモンテッソーリ園にお世話になっています。 このサイトは子育ての悩みにモンテ博士からアドバイスをもらう形で進みます。 モンテッソーリ教育が初めての方でも大丈夫! 一緒に実践して、子育て上手を目指しましょう! 【経歴】同志社大学文学部・ドイツ留学→教育企業→保育士資格とモンテッソーリ資格を取得→現場経験→モンテッソーリ幼児教室