【モンテッソーリ教育】子どものための玄関スペースの作り方

  • 出かける前の用意がいつも煩雑
  • 子どもが自分で用意できなくてイライラする
  • 玄関にもモンテッソーリ環境ってつくれるの?!

こんなお悩みありませんか?

この記事では、子育て中のモンテッソーリ教師がそのお悩みを解決します。

大人が環境を整えることが、子どもの自立への第一歩。

玄関でも子どもが自分で自分の準備をしやすいように、親子お互いのストレスが減る環境づくりを工夫してみましょう!

この記事では、環境づくりの基本と玄関のための5つの工夫をご紹介。

demi
無料ダウンロード素材もあるので、活用してみてくださいね!

読み終えると子どもが自立する玄関の作り方がわかるようになります

5つのポイント

1.子どもサイズ

大人が身長3mの人の家で過ごすのが大変そうだと思うように、子どもも大人サイズで生活するのは大変なのことです。
大人を頼らなくても、自分で出来るように家具を用意します。

2.美しさ

子どもっぽい環境ではなく、大人も心地よい美しく整った環境を作ります。

3.子どもが1人で完結できる

コートをかけたり、靴を履いたり。
まだまだ「まま手伝って!」と言いたい時期ではありますが、自分でやろうと思った時に出来るように、サイズや道具を整えます。

4.道具がセットになっている

自分で用意ができるように、必要なものが1箇所にあるようにします。

5.いつも同じ場所にある

2歳前後から子どもは【秩序の敏感期】と呼ばれる「いつも同じ場所・順番」が安心する時期があります。
いつもと同じ場所に同じ物を置いてあげると【無意識的吸収】の時期も相まって、しっかり真似してくれるようになります。

小学校以降にお片付けをガミガミ言わなくても、自分で片付けられるようになったら嬉しいですよね。

玄関に用意するもの

1.子どもサイズの椅子

玄関に段差がない場合、子どもサイズの椅子を用意します。

子どもが靴を履く体勢が楽になりますよ。

我が家では、リビングに置いているコロコロデスク&チェアの2脚の椅子の1脚を玄関に置いています。
100均の子ども椅子でも靴は履けるのですが、やっぱり玄関の印象は大事だな〜ということで。
このコロコロデスク&チェア、使い方がたくさん工夫できて本当にオススメです。
長く使えてコスパ良し、デザインもかわいくてお気に入りです♡

2000円で購入できる小さな椅子もありますよ。

顔の形になっていて可愛いですね♡

2.靴置きシート

「靴をそろえて!」って何回も言ってるのに…!

という悩み、あるあるですよね。

そんな時には靴置きシートを設置して、足形ぴったりに置けるようにして習慣化しましょう!

「いっしょ、いっしょ〜!」と同一性が楽しくなる2歳ごろから安定的に使えるようになります。

靴置きシートの作り方

無料ダウンロードできる靴置きシートを作成しました!

気に入った色で作ってみてくださいね!

靴置きシートの作り方
  1. A4だと玄関で場所を取るので、B5サイズで印刷
  2. ラミネート
  3. すのこや玄関の床に両面テープで貼って完成

靴置きシート無料ダウンロード

1.靴置きシート<ブルー>

靴置きマット (26 ダウンロード)

2.靴置きシート<ピンク>

靴置きマット (23 ダウンロード)

3.靴置きシート<イエロー>

靴置きマット<イエロー> (11 ダウンロード)

4.靴置きシート<グリーン>

靴置きマット<グリーン> (4 ダウンロード)

3.カゴ

その季節の小物と、雨の日用のレインコートだけ入れておきます。

夏は日焼け止めと帽子、冬はニット帽と手袋といった感じ。

はじめは天気を確認して一緒に選び、だんだん自分で選べるようになるよ良いですね。

子どもに選ばれて困る季節のものは押し入れやクローゼットへ!

4.フック×2つ

フックを2つ設置し、普段使うリュックと上着をかけます。

2歳の息子はフックにかける作業自体も楽しいので、喜んでやってくれます。

我が家は壁に穴が残りにくそうなフックを無印で購入しました。

ネットにも色々と売られていますね!

5.子どもの靴は靴箱の最下段へ

子どもの靴は靴箱の最下段に収納、もしくは玄関に2〜3足だけ出しておいて自分で選べるようにします。

サイズの合わない靴や他の季節の靴など、選ばれて困る靴は、視界に入らないようにしておくと揉めません。

おしまいに

子どもが自分で用意できるようにするための玄関スペースの作り方のご紹介でした。

各家庭で玄関の広さや家族の人数が異なりますので、それぞれカスタマイズを楽しんでくださいね。

モンテッソーリ式玄関づくりの5つの工夫
  1. 子どもサイズの椅子
  2. 靴置きシート
  3. カゴ
  4. フック
  5. 靴置きは低い場所に

少しずつ用意して、子どもが自分で用意できる環境になりますように!

玄関以外にもリビングやキッチンなど、家のあちこちで子どもが自分で生活しやすい工夫ができます。

具体的に書いていますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

【モンテッソーリ式お部屋作り】リビングに7つのスペースをつくろう!

【2歳〜】子どものためのキッチン用品と環境の作り方

おもちゃ収納はモンテッソーリ式が正解!実践方法を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

モンテッソーリ教師で子育て中のdemiです◡̈ 幼児期から自立した子が育つ子育ての工夫を発信しています。 普段は0〜3歳のモンテッソーリ幼児教室を運営し、2歳の男の子を子育て中。 息子は1歳半からモンテッソーリ園にお世話になっています。 このサイトは子育ての悩みにモンテッソーリ博士からアドバイスをもらう形で進みます。 モンテッソーリ教育が初めての方でも大丈夫! 一緒に実践して、子育て上手を目指しましょう! 【経歴】同志社大学文学部・ドイツ留学→教育企業→保育士資格とモンテッソーリ資格を取得→現場経験→モンテッソーリ幼児教室