食べたいものに手を伸ばす、その名もクロスモーダル連合!

生まれて数ヶ月、赤ちゃんは自分の意思で手足を動かせません。
それができるようになるのが、生後約4ヶ月ごろ。
その名もクロスモーダル連合といいます。(超かっこいい!笑)

ひな祭りということで、いちご大福を作って、こびとちゃんに見せてみました。

すると、興味津々!

そして、ついに、ついに…

ヨダレながらも、ついに手が届きました!

f:id:demichannel:20180304051246j:image

今まで気になるものは目で追う事しかできなかった息子にとって、大きな出来事!
一体脳内で何が起きているのでしょうか?

今回のテーマはクロスモーダル連合と視覚情報処理についてです。

クロスモーダル連合とは?

見たもの(視覚)に手を伸ばす(触覚)のように、五感の異なる感覚器からの情報が統合され、連動することを「クロスモーダル連合」と呼びます。

ほかにも、「名前や音のなった方(聴覚)に目をやる(視覚)ために、首をふる(身体運動)制御する」などの連動があります。

視覚情報処理能力の向上

「手を伸ばせば触れる」ということは「この世界は三次元だ」ということに気づき始めた、ということ。
目の網膜に映ったときには二次元の情報を、脳内で三次元の世界に復元することができるようになったということです。

おしまいに

「見たものに手を伸ばす」という、大人にとってはとても単純に思える動作でさえ、視覚と感覚の発達が必要とされ、できるようになるまで3ヶ月もかかるのには驚きです。

このクロスモーダル連合って名前も機能もかっこいい!
息子はいつ出来るようになるのか、いろいろ試して待ちに待っておりました。

そして、本日おもちゃを見せても大して手を出さないのに、食べものとなると必死で手を動かすことがわかり、おめでたいひな祭りとなりました^^

f:id:demichannel:20180304051553j:image

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

モンテッソーリ教師で子育て中のdemiです◡̈ 幼児期から自立した子が育つ子育ての工夫を発信しています。 普段は0〜3歳のモンテッソーリ幼児教室を運営し、2歳の男の子を子育て中。 息子は1歳半からモンテッソーリ園にお世話になっています。 このサイトは子育ての悩みにモンテッソーリ博士からアドバイスをもらう形で進みます。 モンテッソーリ教育が初めての方でも大丈夫! 一緒に実践して、子育て上手を目指しましょう! 【経歴】同志社大学文学部・ドイツ留学→教育企業→保育士資格とモンテッソーリ資格を取得→現場経験→モンテッソーリ幼児教室